個人情報について

個人情報保護法

  1. ソニー中央労働組合の個人情報保護についての基本的考え方
    ソニー中央労働組合は、以下のポリシーに基づき、個人情報の適切な取り扱いに取り組んでまいります。
    1. 個人情報の保護に関する法律をはじめ個人情報保護に関する諸法令、 その他の関係諸法令を遵守するとともに、関係省庁ガイドラインおよび 個人情報の適正な取り扱いに関する社会的ルールに準じ、適切に取り扱います。
    2. 個人情報の取得にあたっては、その利用目的を明確にし、 目的を達成する範囲内で取り扱います。
    3. 適正な個人情報の取り扱いに向けて、組織的・物理的・技術的に 必要な安全管理を行うとともに、個人情報の管理責任者の設置、 組合役員への教育など人的な安全管理を実施し、必要に応じて是正します。
    4. 組合活動を遂行するために提携・協力している企業・団体などに対しても、 個人情報の取り扱いにつき、十分なセキュリティ水準にあることを確認のうえ、 契約を通じて必要かつ適切な管理・監督を行います。
    5. 個人情報を適切に取り扱うために、本ポリシーの見直しを含めて継続的強化・改善に努めます。
  2. 利用目的
    1. ソニー中央労働組合での決定事項、労使協議や労使交渉の内容・結果の報告、 各種催事の案内、政策制度課題への取り組みなど、組合活動遂行上必要となる活動 を行うため
    2. メンバーの労働条件の改善や働きやすい職場づくり、 政策・制度の実現など諸活動における基礎的なデータとするため
    3. 福利厚生サービスをメンバーおよびその家族が利用するため
    4. 災害時、またメンバーの事故や心身上の健康問題などが発生した場合において 円滑かつ適切な対応を図るため
    5. ソニー中央労働組合が運営する共済事業をメンバーおよびその家族に 利用していただくための、事務手続き・制度紹介などに供するため
    6. ソニー中央労働組合からのメールマガジン配信を行うため
    7. ソニー中央労働組合ホームページを閲覧する際の認証を行うため
    8. チェックオフ協定に基づく会社との手続きを行うため
  3. 第三者への提供
    • 第三者に対して必要な個人情報を提供すること、または業務の一部を委託し、 その委託先に対して必要な個人情報を提供することがあります。
      この場合、ソニー中央労働組合は、その者に対して、プライバシーマークなど 十分なセキュリティ水準にあることを確認のうえ選定し、 契約等を通じて、データの管理、使用終了後の適切な返還・廃棄などについて 安全かつ適切な措置を施すよう管理・監督します。
      更に、メンバー本人の同意がある場合、他、法が認める場合について、 そのメンバーの個人情報を第三者に提供する場合があります。
  4. 開示
    • メンバー本人から開示を求められた時は、メンバー本人であることを確認したうえで、 適切な期間および範囲で開示します。
  5. 訂正・追加・削除
    • メンバー本人から訂正・追加または削除を求められた時は、 メンバー本人であることを確認した上で、事実と異なる内容がある場合には、 適切な期間および範囲で訂正・追加または削除を行います。
  6. 利用停止・消去・第三者提供の停止
    • メンバー本人から利用停止・消去・第三者提供の停止を求められた時は、 メンバー本人であることを確認し、申し出内容に正当な理由がある場合は、 適切な期間および範囲で利用停止・消去・第三者提供の停止を行います。
      ただし、これらの情報の一部または全部を利用停止・消去・第三者提供を停止した場合、 2.に示した内容の対応ができなくなることもあります。
      また、これらの申し出に応じた措置をとらない場合、メンバー本人が求める措置と 異なる措置をとる場合には、メンバー本人に通知し、その理由を連絡します。
  7. 開示などの受付方法・窓口
    • 上記3.4.5.6に関する申し出およびその他の個人情報に関するお問合せは、 以下にて受け付けます。詳細の手続きはその際お知らせします。

    受付窓口
    〒141-0001 東京都品川区北品川5-11-22
    TEL:03-5448-2760
    FAX:03-5448-2790
    E-mail:画面上部記載